こんにちは!熊本県熊本市で、電気設備工事を行っている株式会社内藤電気と申します。
今回は「茶畑にある扇風機って何のためにあるの?その役割とは」をテーマに紹介します。

茶畑にある扇風機の正体


茶畑にある扇風機は、防霜ファン(ぼうそうファン)と呼ばれています。
防霜ファンの役割は、農作物に霜が当たらないようにすることです。
農作物に霜が当たると凍り、枯れの原因となります。
そのため防霜ファンによって高い場所から風を当て、地表付近の空気を動かすことによって霜が当たるのを防ぐ必要があるのです。
特にお茶の新芽は水分を多く含み、凍りやすくなっています。
お茶の質を保つため、防霜ファンはなくてはならない存在といえるでしょう。

防霜ファンが活躍する時期

防霜ファンが活躍する時期と言えるのが、3月~4月です。
3月~4月はお茶の新芽が出る時期に当たるため、防霜ファンが大活躍します。
お茶の栽培が活発な地域に行くと、3月~4月に防霜ファンが回っているのをよく見かけます。
茶畑とマッチする絵画のような光景に、見とれてしまう人も少なくないかもしれません。
「防霜ファンを見てみたい」と感じた人は、機会があればぜひ茶畑に行ってみてください。

防霜ファンはハイテク

防霜ファンには、ハイテクな機能が備わっています。
温度センサーが搭載され、設定温度よりも気温が低下すると自動的にファンが回るようになっているのです。
茶畑の管理者が気温を細かく確認する手間・茶畑の様子を見る手間が軽減され現場の助けとなっています。
電気設備を整えて、人と社会を助ける仕事に挑戦しませんか。

私たちと一緒に働きませんか


株式会社内藤電気では、電気工事士をはじめ現場で働くスタッフを求人募集しています。
私たちと一緒に、お米やお茶を扱う製造工場における電気工事の仕事に挑戦しませんか。
経験・未経験は問いません。
未経験者でも会社のサポートによって、効率的に仕事を覚えられます。
仕事で分からないことがあれば、何でも会社やベテランスタッフに相談してください。
製造工場の電気設備を整える仕事は需要が高く、技術を身に着ければ将来にわたって働けます。
長く働きたい・収入を安定させたいと感じる人は、ぜひご応募ください。
私たちと一緒に、人と社会を支える仕事に挑戦しましょう。
お問い合わせは、電話または採用情報ページから承ります。

最後までご覧いただきありがとうございました。


電気工事・プラント工事は熊本県熊本市の株式会社内藤電気へ|求人中
株式会社内藤電気
〒862-0933 熊本県熊本市東区小峯3丁目3-1
TEL/FAX:096-365-3472